×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過払い金の返還と請求の方法−クレディアが経営破たん

過払い金の返還と請求の方法
過払い金の返還請求は簡単でもあり難しくもあり
本来の自分を取り戻すためにも自分の力で!
過払い金の返還請求をしてみよう!
スポンサードリンク
新着情報倉庫>H19年09月
H19年9月分

9月16日 クレディアが経営破たん
 上場消費者金融で初めての経営破たんです。クレディア(東証1部上場)は14日、民事再生法を申請し、受理された。
貸付金の総額規制や上限金利の引き下げ、過払い利息返還の『三重苦』が原因か。
負債総額は757億円。過払い利息の返還に備え多額の引当金を積み増すなどして財務状況が悪化、自主再建を断念した。
4月下旬以降、新規の貸し付けを停止していた。今後は監督委員の弁護士のもとで既存の貸金の回収を続けながら、スポンサーを探す。
昨秋から、店舗の閉鎖などのリストラを急ぎ、消費者金融から中小企業向けローンビジネスへと業態転換を図ったが、銀行からの新規借り入れができず資金繰りに行き詰まった。
貸付金残高約1500億円。今後も借り手から過払い利息の請求額が増え続けると、返還請求に応じられなくなる可能性もある
 再生手続きで、利用者の過払い金債権が一般再生債権として取り扱われると、未届けの過払い債権者の手続き参加が難しくなり、債権を失うおそれがある。「利用者は早急に取引履歴の開示を請求し、再生手続きに参加したり適切に債務を整理したりする必要がある」



スポンサードリンク
相互リンク
 スポンサードリンク