×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過払い金の返還と請求の方法−消費者金融大手、役員賞与カット相次ぐ

過払い金の返還と請求の方法
過払い金の返還請求は簡単でもあり難しくもあり
本来の自分を取り戻すためにも自分の力で!
過払い金の返還請求をしてみよう!
スポンサードリンク
新着情報倉庫>H19年07月
H19年7月分

7/1 消費者金融大手、役員賞与カット相次ぐ
 過払い利息の返還で業績が悪化した消費者金融大手のアイフルとプロミスは28日までに、役員賞与をゼロにする方針を決めた。
なぜ「0」かというと賞与を業績に連動して決めていたためだそうです。今期は過払い金の引き当てで赤字決算となったからですかね。
過払い金の引き当ては今期で済ませるでしょうから、来期からはボーナスが復活ですね。ただ、グレーゾーン金利の廃止の余波で今までの様なぼろ儲けはできないからボーナスは減るんでしょうね。

 ちなみにアイフルはH6年3月期に約660億円の当期利益を上げ、21人の役員に総額1億2600万円を支給。プロミスは約420億円の当期利益に対し、10人の役員に総額1億1600万円を支給した。
H7年3月期はアイフルが4112億円、プロミスが3782億円の赤字を計上。

どんな仕事でも陰と陽の部分はあります。また、職業に貴賤はないともいいます。しかし、多重債務者を230万人以上だすのに加担、借金問題と自殺や事件は明らかに因果関係があります。
そんな背景でのぼろ儲けによる多額の役員賞与は反感を買っちゃいますね。
 なお、アコム、武富士は「役員賞与を特別に支給することはしていない」としているそうです。



スポンサードリンク

相互リンク
 スポンサードリンク