過払い金の返還と請求の方法−実際に行った方からメールをいただきました。ありがとうございます。

過払い金の返還と請求の方法
過払い金の返還請求は簡単でもあり難しくもあり
本来の自分を取り戻すためにも自分の力で!
過払い金の返還請求をしてみよう!
スポンサードリンク
新着情報倉庫>H21年05月
H21年5月分

05/14 実際に行った方からメールをいただきました。ありがとうございます。

 

実際に当ホームページを参考に過払い金を取り戻した方からお礼のメールが来ました。こちらこそあなたのお役に立ててうれしいです。メールありがとうございました。
送り主さんの許可がありましたので掲載させていただきます。これから行おうとしていらっしゃる方達の参考になるでしょう。

私は平成16年に?ライフとカードローンの契約をして、返済,借入を繰り返してきました。

金利は29%位です。結局残高が一向に減らず、肉親から借金をして今年1月に完済しました。(2件で100万円弱)

その際に取引履歴を請求し、3週間程経って郵送されてきましたが、その履歴はカード会社が金利を修正して引き直した数値になっていました。

その結論は約60万円の過払いがあるというものです。

そこで、まず相手方が提示した額で請求書を送付したところ、1週間経っても何の音沙汰も無かったため、こちらから電話をすると、「70%の額で和解したい」とのこと。また、また、「訴状が届けばそれなりに対応します」とも言われました。

私は頭に来て、自分で引き直しを行い、3月に訴状を提出しました。

このとき、遅延損害金に関しても計算するつもりでしたが、開示された履歴には載っていなかったため、過去の明細書を捜し出して1件は計算できました。もう1件はそもそも明細書が発行されていなかったため、支払った日付から遅延損害金を算出しました。

その結果、約71万円+裁判費用の額で訴状を作成しました。

第一回口頭弁論の期日が5月19日に決定し、相手方の訴状が届くと相手方から和解を申し出て来ました。

和解金額は、元々の金額約60万円+5%の利息+訴状の印紙代合計約67万円です。

最終的に、計算方法に少し自信が無かったことから裁判が長引く可能性があることを考慮して上記金額で和解契約書を交わしました。

振込みを確認次第訴状を取り下げる予定です。


スポンサードリンク

相互リンク
 スポンサードリンク