×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過払い金の返還と請求の方法−貸金業法改正

過払い金の返還と請求の方法
過払い金の返還請求は簡単でもあり難しくもあり
本来の自分を取り戻すためにも自分の力で!
過払い金の返還請求をしてみよう!
スポンサードリンク
新着情報倉庫>H20年01月
H20年1月分

01/09 貸金業法改正
 総量規制の導入で50万円以上の借入れをする場合や、総借入残高が100万円以上を超す場合には年収の証明書が必要になります。(法13条)
住宅ローン等を除き、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付も原則禁止となります。

要するに多くは借りれない仕組みが出来ます。当座しのぎの借入れが出来なくなるので困るようにも思えるが、本当に困るのは、返せる当てのない金を借りれてしまうことです。

当座しのぎのお金を借りれば、その場はしのげます。借りれて助かったーなどと感謝してしまいますが、長い目で見ればそうではなくて、借金地獄の深みにはまりつつあることだけです。

消費者金融だけでなくカード会社や銀行でさえも利益になるなら返済能力を超えた貸付を行っていた時代があります。返済能力を超えた貸付は多重債務者を作る大きな原因の一つです。

公序良俗を無視するほどの利益優先の社風と、深く考えずに借入れをしてしまう愚かな行動が多くの多重債務と悲惨な結末を生み出したことを双方考えるべきだと思います。


スポンサードリンク

相互リンク
 スポンサードリンク