×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過払い金の返還と請求の方法
過払い金を自分で取り戻す方法を記したウェブサイトです。
スポンサードリンク

過払い金の返還と請求の基礎知識

過払い金の時効

過払い金の消滅時効は10年であり、権利が行使されない状態が10年間続き、当事者が時効の利益を得ることを意思表示すること(援用) で、その権利が消滅します。すなわち過払い金が取り戻せなくなります。

 この起算日は過払い金が発生した時点です。
ただし、過払い金が発生した後も同じ契約の取引が継続して行われている場合には、発生した過払い金は新たな借入れ借入金に充当されます。借入れと返済が継続している限りは消滅時効が成立することはありません。

 過去に一旦完済をしても、その後に同じ契約で借入れをした場合にも、一連の取引が継続しているのですから消滅時効は成立しません。

 ようするに、取引が継続していれば時効は進行しません。契約時点にさかのぼって引き直し計算した過払い金は取り戻せると考えられます。(10年以上前の取引履歴が欠損している会社が多いようです。その場合には請求するものが過去の取引明細を証明しないといけませんが、ATM等の明細書を全部とっている人はいないでしょうから、推定計算等をすることになります。)

 なお、過払い金につく金利(5%)の時効は5年です。

過払い金につく金利(5%)の時効は5年です。について根拠は?とか誤解を招くので訂正した方がいいのではというメールをいただきました。
この事について新着情報にアップしました。
H21.11.24 「過払い金につく金利(5%)の時効は5年です。」について(管理人より)
(H21.11.24 追記)


スポンサードリンク
 スポンサードリンク