×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過払い金の返還と請求の方法
過払い金を自分で取り戻す方法を記したウェブサイトです。
スポンサードリンク

過払い金の返還と請求の基礎知識

過払い金はあるのかな?

 取引履歴を取寄せて利息の引き直し計算をすれば、過払い金がどのくらいあるのか、無ければ、借入残金は後いくらなのかなどはっきりとわかります。
 しかし、ほとんどの人は、大雑把でもいいからすぐに知りたいと思いますよね。

過払いが発生しているケース
  1. 既に完済している場合
    当然のことですが、借金の約定金利が利息制限法の金利以上であることが前提条件です。サラ金なら絶対に過払い金は発生していますが、クレジット系のカードでのいわゆるローンは利息制限法の規定内の金利の場合が多く、過払いが発生しないことが多いようです。しかしキャッシングで借りている場合には、利息制限法以上の金利の場合が多く過払い金が発生します。金利を調べた上で取引履歴を請求するといいでしょう。
  2. 現在返済中の場合
    • ローン方式(最初に一括で借りて、その後は借りていない)
      例)借入金 50万円
        返済額 月々1万5千円
        約4年間で元金が支払い終わり、後の返済が過払い金になる。
    • リボルビング方式(限度額までの再借入可能)
      例)返済しては、借入を繰り返し常に上限いっぱいまで借り続けた場合
        借入金 50万円
        返済額 月々1万5千円
        約6年間で元金が支払い終わり、
        約7年目の過払い金が16万円になり、
        約8年目の過払い金が30万円になる。
    • 注)一旦過払い金が発生しても、限度額が大きくなって大きな金額を借りた場合には過払い金がなくなっていることが多い。

スポンサードリンク
 スポンサードリンク